妊活中の方に意識してほしいことはタイミングよりも回数

なぜ、回数を意識して欲しいかと言いますと、これは、あるお医者様が書かれた文献にも載っていたんですけれども、女性が妊娠しやすい期間というのは、排卵する前の生理が過ぎた後ですね。

 

排卵する前というのが妊娠できる期間ですよね。

 

この期間に性行為が1回2回しか行われていない、1回2回の性行為で妊娠に至らないというのは、決してこれは不妊症という定義には当てはまりませんよということが書かれていました。

 

どういうことかと言うと、1回2回のタイミングで妊娠に至らないことはごく自然なことで、逆に1回2回のタイミングで妊娠できたこと、それは奇跡でありとてもレアなことだという風にですね捉えることができる。

 

と言われているんですが、妊娠に至らないなと思う方は、実際何回ほどタイミングをとっているのかというところに注目してみて欲しいと思います。

 

まず、タイミングを意識するよりも先に、回数を意識してほしいということですね。

 

回数あんまりとってないかもって思う方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

精子は受精能力を短くても三日間ぐらい、長い人だと一週間ぐらい、平均した大体5日ぐらいは受精能力を持っていると言われています。

 

排卵日というのは、女性の体調だったり、精神面とかで前後してしまうんですけれども、5日ぐらい前に射精された精子にも、排卵した時に受精する能力をまだ持ってます。

 

タイミングが重要なポイントではありますが、20代夫婦が5回タイミングをとって妊娠率が37パーセント。

 

3回取れた状態だと妊娠率が33%、逆にこの間にタイミングが一回しか取れていないよっていう人はもうこれ半分以下になって妊娠率は15%ほどにまで低下すると言われています。

 

これは20代夫婦でも、一回しかタイミングとってなかったら15%ぐらいしか妊娠する確率はないんです。

 

ご自身のですね年齢がもう30台だとか、例えばご自身は20代だけれどもパートナーはもう30後半40代になってますよっていう人とかは、この数値よりさらに妊娠というのは難しくなっているかなという風に捉えて欲しいです。

 

要する回数が少ないと、妊娠に至る確率というのは、ぐっと下がってしまうというところを念頭においていただきたいなと思います。

 

 

回数を増やすとなると、色々と負担になる方もいると思うのですが、最近では妊活用のゼリーの利用も増えています。

 

例えば、このエッグサポートですが、天然成分で安心できる商品です。

 

このように活用していくのも良いと思います。

 

妊活のアプリの会社が撮ったあのデータがあるので紹介していこうと思うんですけれども、排卵日付近にどれくらいタイミングを取ってますか?っていうアンケートの返答です。

 

タイミングを1、2回しか取っていないよっていう方は60%

 

6割の方が1、2回しかタイミングを取ってないんですよ。

 

そして、3、4回っていう方は34.9%

 

5回以上タイミング取れてるよっていう方は3.5%という数値が出てます。

 

回数が1、2回しか取れてないってなると、どうしても妊娠する確率が下がってしまうんです。

 

男性も状態によって射精される精子というものはすごい変わってきます。

 

どんどんどんどん生産されてくるので、体調にもすごく左右されてくる。

 

なので、一回しかとってないタイミングもプレッシャーを感じて、射精したその一回で良い精子が出てるかどうかと思うと・・

 

やっぱり何回か回数を取っていただく、それによって、妊娠する確率っていうのは単純に上がっていくと思っていただきたいと思います。

 

ですので、大事にしてほしいのはタイミング、タイミングというよりも、そもそもの回数というところに意識を持っていただけたらと思います。